人生の正午

  • 2018.12.14 Friday
  • 12:09

お友だちがチケットを取ってくれて、葉加瀬太郎さんのコンサートに行ってきました。

平安神宮にほど近いロームシアターが会場です。

 

その前に腹ごしらえ。ラ・ヴァチュール(→)さんで名物のタルトタタンをいただきました。お店の人によると、季節でりんごの水分が変化するため、味にも違いが出るらしいです。何度でも訪れたいお店ですね。

 

コンサートは、とっても良いお席でした。お友だちに感謝。

 

 

葉加瀬太郎さんのコンサートは初めて。期待通り、めっちゃ楽しいトーク。そして、歌うようなバイオリンの音色に聴き惚れました。規模は小さいけど、自分もウクレレを人前で披露する機会があるので、いろいろと参考になることが多かったです。聴衆を楽しませるにはどうしたらよいかということも勉強になりますし、音楽以外でも、自分の強みを発揮するとはどういうことか、信頼できる仲間とともに成功するとはどういうことか、などなど、考えさせられることがいっぱい。同年代ですしね。まあ、そういうことを考えつつも、本当に楽しい時間を過ごし、良い経験をさせてもらいました。

 

葉加瀬さんは50歳になったそうで、「人生の正午」だと捉えているそう。ふむふむ、そうですね。

さて、午後はどうやって過ごしますか。

自分自身は、午後は好きなことをして過ごそうと思っています。午前中は、絶対に成し遂げたいことを成し遂げるために時間を使ったような気がします。いろんなことをがんばって、責任も果たして。まだ子どもたちへの責任が若干残っていますが(大学の授業料を払うということ)、それさえ終われば本当に好きなことをして生きていきたい。もう成し遂げたいことは成し遂げたのだから、気楽にね。

 

先日、同じく娘2人を持つ友人と「私たち、子どもがもし1人なら世界一周くらい簡単に行けるよね」「もし子どもがいなかったら何周も回れるよね」なんて話をしていました。それくらい今は子どもを育てるのにお金がかかる。お金だけでなく、労力もかかります。友人も、娘さんの部活関係のサポートで大変だったみたいです。朝は5時に起き、お弁当やら駅までの送り出しやら、そして教育費捻出のためにフルタイム勤務、帰宅後なんとか夕飯を作ったあと、どうしても一度寝てしまい、夜中の2時頃に起きて、後片付けなどをしているとのこと。子どもたちを大切に思って本当にがんばってきたからこそ、子育てが終わったときのことを楽しみにしています。やっと自分の時間だと。「孫(将来いるとしたら)はたまに会うくらいでいいかな」と言っていましたが、全く同感。もう子育てやりきったもんね。

 

世のお母さんたちは、SNSに子どものことしかアップしないとか、LINEのアイコンが子どもの写真だとか、話題が子どものことのみとか、そういうことを批判している人の気持ちはわからないでもないけど、それだけがんばっているのよね。自分にはお金も労力も回せないほど、子ども中心になってしまう。日本社会での子育ての体制には大いに疑問を感じるけど、お母さんたちががんばっていることは確か。だから、いいじゃん、子どもが中心でも、と今は思います。そんなこと言い出したらSNSにはペットの写真もあふれていますしね。それだけ自分が大切に思っているんだからいいじゃん。

 

人生の午前中を精一杯過ごし、正午を迎えると、午後もまた楽しみですね。お昼寝するもよし、もうひと踏ん張りするもよし。自分の好きなように過ごしたいです。

ああうらやましい

  • 2018.12.07 Friday
  • 15:11

(今日のムフフ)

彼女のことは昔から好きで、長女の名前は一部をもらってつけたくらい。「とても無理よ」って言ってたのにミニスカートをはいてるじゃない、なんて、(同年代の私たちを差し置いて)一人だけおばさんにならない彼女のことをスゴイなあと思っていたけど、先日の歌番組でまさかのR様たちとの共演。麗しのサンタ姿のR様の横でミニスカサンタ姿なんて反則だわ。塾から帰宅してテレビに耳を傾けた次女が「なにこのイケボ」とつぶやいた美声に囲まれて歌ったあのクリスマスソングが頭から離れない。ああうらやましい。そっかぁ、彼女くらいのレベルになるとあんな共演もできるのね。ありえない、でもありえーる。もう嘘はつかないで。旦那サマもお腹でてないし。それにしてもR様のサンタ姿は最高だったなぁ。。。

近江八幡の紅葉

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 16:02

(今日のムフフ)

12月は歌番組の特番が多くてうれしい!もっと出番がほしいけどね。先日のMステでは、歌い(踊り)終わったあとに少しだけ肩で息をしていたR様。いつも全力のその姿に励まされるわ!そういえばこないだ電話で仕事の担当の方に「いつもていねいにご対応いただいてありがとうございます」と言っていただいたけど、自分が努力できるところなんてそれくらいしかないもん。できる限り精一杯やる、というスタイルを、R様には及ばなくても貫いていきたいなあ。今晩も楽しみにしているわよ!

 

 

近江八幡の国民休暇村あたりまで紅葉を見に行きました。

 

のどかな琵琶湖。カモも泳いでいます。

 

つばきと紅葉。

 

国民休暇村までの道路は紅葉のトンネル。

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

 

長命寺の入り口にあるお蕎麦屋さん。飛び出し坊やがいいですね。

 

薬味たっぷりのお蕎麦、おいしかった!

 

長命寺の本堂までは808段の階段を登らなきゃいけません。結構きつかった。

 

 

高いところに登るとたいてい琵琶湖が見えますね。

 

御朱印もいただきました。

 

ちょっと車を走らせると、すぐに自然が楽しめるところが滋賀県のいいところですね。

 

音羽山登山

  • 2018.11.26 Monday
  • 14:15

音羽山に登山に行ってきました。

 

京阪電車の大谷駅が出発点。

 

 

有名なうなぎ屋さん。朝から行列でした。

 

 

 

2回目の階段は605段!

 

登りきりました!

 

落ち葉がいっぱい。

 

山頂!593 mです。

 

 

京都市街が見渡せます。

 

こちらは琵琶湖方面。

 

山頂でおにぎりを食べた後のデザート。うがばもち!

 

 

下山は膳所駅方面の予定だったけど、道が良くないとの情報を得て、急遽石山寺方面へ変更。

 

沢が多く、水が流れる音が。

 

 

 

 

 

走行時間は5時間程度。山を降りてから駅までが長かったです。

 

自分史上一番楽に登れたなと思っていたけど、全体的な疲労感が半端なく、帰宅後整体に駆け込み。膝の横が痛かったのと、肩が凝っていたのをほぐしてもらいました。おかげで筋肉痛以外のダメージはその後現れず。

この日の歩数は25,000歩。わお、これは最多記録かな。

 

里山の秋を満喫した登山でした。

 

元町で雑貨屋さんめぐり

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 11:19

(今日のムフフ)

今週のMステ、たぶんあの曲ね。もう、楽しみ〜!あのダンスを生放送でやるんだよね。絶対失敗しないだろうけど、失敗しませんようにって祈っちゃう。

 

 

 

久しぶりに神戸までおでかけ。この日は元町で雑貨屋さんめぐりをしました。

中華街より海側の筋に、かわいいお店がいっぱい。

 

ここ(→)は、木彫りの動物を売っているお店。動物たちのホワっとした姿に心が和みます。

 

 

古いビルの1部屋ごとに1つのお店が入っています。レトロでいい感じ。

 

ランチはベーグル屋(→)さんで。隠れ家のように狭いスペース。

 

デニッシュパンとベーグルがやっぱりおいしかったです!

 

お土産にいろいろ買っちゃいました。

 

この日は、夏の終わりにオーダーを受けていたブラウスとあずま袋をお友だちにやっと渡せました。

 

 

 

ベーグル屋さんで話し込みすぎて、その後ゆっくり散策する時間があまりなくなってしまったけど、神戸の雰囲気をたっぷりと味わえました。何度も行ってみたい場所になりました。

 

 

♫ インスタグラム始めました(アカウント:athomepart2)。こちらもよろしくお願いします(^o^)

神様からのプレゼント

  • 2018.11.15 Thursday
  • 10:55

(今日のムフフ)

わ〜い、紅白決まった!昨晩は姪っ子と喜びを分かち合い。それに、もうすぐドームツアー。ライブDVDを観て、気持ちを高めています。ああ、12月が楽しみ〜!

 

 

11月は母親の誕生月なので、京都までおでかけ。

師匠に以前教わった加賀料理のお店(→)へ。このメニューでは治部煮は小さいお椀(朱色のもの)に入っていました。

 

京都駅でランチした後、四条に出てショッピング。ノムラテーラーにも寄りました。

 

「京都をぶらぶらしたい」と言っていた母は、烏丸から河原町まで歩いたら満足したようです。京都駅に戻り、グランビアでお茶しました。

 

この秋のモンブランはこれで最後かなあ。おいしかった!

 

親は子どもに永遠に片思い。娘を持ってわかる母の気持ち。娘たちとのお出かけが楽しいなあと思えば思うほど、きっと親もそう思っているのだろうなあと感じます。同じ思いを持つことはできない(つまり両思いにはなれない)けど、理解して配慮してやることが親孝行なのかなあと。前日は、「明日は娘とデートなのよ」と、日頃会う仲間にうれしそうに話した様子。もっと自慢できるように(というわけではないけど)、ランチをごちそうして、誕生日プレゼントにセーターを買ってやりました。そんなことで喜んでくれるのならそれでいい。いいところもいっぱいあるけど、他力本願なところ、自分で責任を取らないところ、人のせいにするところ、など、他人の女性なら許せる(というか仕方ない)と思えるところも、身内だと、「なんで?」とどうしても思ってしまって欠点ばかりが目につくけど、もうそこには目をつぶりましょう(他人なら友だちにはなれないでしょうね、まあジェネレーションギャップというものもありますね)。旧家族とはいろいろとそういうモヤモヤがあり、絶対わかりあえない壁があるからこそ、自分の家族(新家族)に満足できる。少なくとも今のところ、私自身は満足しています。他のメンバーがどう思っているか、そして将来どうなるかはわからないけど。もし、旧家族が理想の家族なら、ここまで新家族のことを大切に思い、日々幸せを感じることができたか疑問です。だから、これは神様からのプレゼント。いろんなことを知っているお友だちが、私の仕事が軌道に乗り出したときにも、そう言ってくれたけど、自分がうまくいっているときは、「ああ、これはきっとつらかったことを見ていた神様からのプレゼントなんだなあ」と思えます。そういうお友だちとの付き合いもすごく大切に思えるし、いつも感謝。だから、人生ハーフハーフ。わざとつらい思いをすることはないけど、つらくなってしまったときは、きっと後で神様からのプレゼントがある!大事なのはつらい時に逃げないこと。逃げない、というのは、自分の心をよ〜く見つめる、という意味。それが一番つらいんだけどね。でも、逃げていない人にはご褒美があるけど、逃げている人にはつらいことがいつまでも追っかけてくるなあと、周りを見ていても思います。

 

 

駅前のクリスマスイルミネーションが始まりました。

 

ウォーキングの道には枯れ葉がいっぱい。

 

ウクレレ教室。「戦場のメリークリスマス」をやっています。まずは押尾コータローさんの演奏をみんなで観て、イメージトレーニング。なかなか一人ではあんなに音を出せないけど、合奏ならなんとかなるかな?

 

 

そうそう、インスタグラム(アカウント:athomepart2)を始めたので、よかったらそちらも見てくださいね。内容は、日常のことや、手作りネタになるかと思います。

 

モチベーションの種類

  • 2018.11.10 Saturday
  • 18:15

「低山」登りを始めてから、平日も山がふと恋しくなります。登っているときはしんどいし、何も考えられなくなるのだけど、頂上に着いたとき「生きてる!」って感じがすごくするのです。いや、いつも生きているんだけど、なんて言ったらいいのかなあ。1本の冷えたスポーツドリンクがこんなにおいしく感じるなんて。「ああ、おいしい!」って思わず叫んじゃうくらい。決して無理に身体をいじめているわけでもなく、眺望だけを求めるなら、ケーブルやロープウェイ、車で行くことだってできるのだけど、なんだろう、この爽快感。

 

今年に入ってから特に、運動不足解消のためにいろんな運動を始めていました。仕事前のテレビ体操(月〜土)、寝る前のヨガ(毎日)、ウォーキング&ゆっくりランニング(週1〜2回程度)。動機としては、「仕事ばっかりで肩とかいろいろ痛くなるのは嫌だ」、「座りすぎで寿命が縮むのは嫌だ」、そして、「運動不足がたたって将来要介護状態になるのは嫌だ」と、「こうなりたくないから運動しなきゃ」的なものばかりでした。思い描くイメージが「こうなりたくない」というものばかり。意志力が相当ないとやっていけない。まあ、習慣化すると、意志力はそれほど必要ではないのだけど、やっていてすごくウキウキする、というものではなかったのです。

 

ところが、登山を始めてから、「ここが柔軟になるとスイスイ登れるようになる」「脚力をつけるともっと高い山に登れるようになる」など、イメージすることが楽しいことに変わったのです。やる気も俄然アップ。マイナスをゼロにするのではなく、プラスにどんどんしていきたいという気持ちがむくむく。同じことをやっていてもなんだか楽しいのですよね。おもしろいですね。

 

こんな風に、マイナスをイメージするモチベーションではなく、プラスをイメージするモチベーションを持つ方が、楽しいですね。きっと何事もそうなのでしょう。山登りでまた一つ開眼しました!

 

 

 

注文していたストックカバーが届いた〜!ストックはそのままリュックに挿していると、泥を持ち込むことになるから、電車やお店で気を遣うからね。

 

Fityle 折り畳み式 巾着 ハイキング キャンプ用 アルペンストック スティック キャリーポーチ 収納袋 ショルダーストラップ 全2サイズ(→

 

作ろうかと思ったけど、お値段がお財布に優しかったので購入しました。大きいサイズを購入したので、2本いっぺんに入ります。

比叡山登山

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 17:24

モンベルのイベントに行って(そのときのブログ→)、ストックを買い、すずともさんの「山登りはじめました」も読み込んで、がぜん山熱(やまねつ)が上がった私。ウォーキングにも気合が入ります。

お〜、山が私を呼んでいる〜。

 

 

さあ、登山するぞ、の前の日も朝晩と結構歩いた〜(1万4000歩)。

(朝):用事を済ませがてらウォーキング。近所の医院の前の木々が紅葉していますね。

 

(晩):草津夢あかり。今年もきれいでした。

 

 

 

長女がめずらしく予定を入れていなかったので、「靴買ってあげるから〜」と登山に付き合ってもらうことに。私よりいい靴。。。

 

サコッシュなんかがあると便利よと、先輩から教えてもらっていたので、長女から借りて。ミニタオル、絆創膏、アメやチョコ、地図のコピー、メモ帳、ティッシュ&ウエットティッシュやらを入れました。裏のポケットにはスマホも。これは便利でしたね。

 

先日購入したリュック。20 L。とりあえず日帰りにはこれくらいで十分かな。白い袋に入っているのは、防寒用のユニクロのウルトラライトダウンベスト。こんなに小さくなって軽いので、リュックに入れておきました。

 

今回は、比叡山坂本駅あたりから登って降りるコースにしました。うちから車で約30分で、近くの駐車場まで。

日吉大社が出発点です。登り始めたのは9時頃。

 

紅葉が始まっていていい感じ。


 

本坂と呼ばれる登山道をひたすら登ります。この坂、結構急だったんだけどなあ。撮るとたいしたことなく見えるから悔しいですね、と近くを登っていた登山ママさん(小さい男の子を連れていました。スゴイ)と嘆きながらパシャリ。

 

この日はストックをおろした〜!うん、なかなかサポートしてくれるわ。舗装された道も多かったけど、石ころだらけの箇所も。

 

ここまで来たらもうすぐ。


 

根本中堂に着きました。11時頃です。

 

ここまでケーブルで上がれるので、観光客もいっぱい。汗だくになっているのは登山者(私)のみ。長女がアイスを所望。ここでひと休憩しました。冬用の帽子とヒートテックインナーが暑い!失敗しました。でも、上はヒートテックインナー、フリースタートル、ネルシャツにウインドブレーカー、下はスポーツタイツにズボン、という格好でも寒さを感じるときもあり。寒さ対策と暑さ対策の両方が必要ですね。

 

 

 

さあて、ここから山頂を目指します。

 

割と細い道が多かったかな。

 

着いた〜!848 m。見晴らしもよくなく、地味な山頂。11時50分頃到着。

 

山頂付近でおにぎり休憩。登山者たちがお昼ご飯を広げていました。コンロでお湯を沸かしてカップラーメンを食べている若者も。今回はおにぎりを握ってきただけだけど、次はせめてフルーツでも持ってこようかな。

 

根本中堂まで戻り、帰りはケーブルカーで。延暦寺駅からの眺望。琵琶湖が見える〜!

 

 

この坂本ケーブルは運行距離が日本一長いのです(2,025 m)。10分ほどでふもとの坂本まで。

 

 

下山後は、本日のもう一つのお目当て、鶴き(漢字が変換できない〜)そば(→)へ!腹ペコ状態で順番待ち。人気店ですね。

 

私はとろろそばを注文。めっちゃおいしかった!

 

中庭もいい感じ。くつろげます。

 

 

モンベルのイベントで、すずともさんが、「子どもと行けるシーズンは全部で10回くらいしかないんですよ」とお話しされていて(すずともさんは、山好きが高じて家族で長野に引っ越しているとのこと)、ああ、うちはもう終わっているとそのときは思ったけど、まだまだやれる!かも。ダメ元で長女に「全身(山ガールの格好を)揃えてあげるから登山に付き合って〜」と頼んだら快諾してくれました。ただし、今回は靴しか買ってやらず。まずは1回行ってみて本人がどう思うかも確認したかったし。とりあえず、山がイヤにはならなかったようで、これからも機会があれば、なにか美味しいものにつられて付き合ってくれる可能性あり。受験生の次女は今回は置いていったけど、「また一緒に行こうね」と声をかけたら頷いていたので大丈夫そう。もともとアウトドアが好きな子だしね。子どもたちがいつまで付き合ってくれるのか、と私の体力との兼ね合いになりそうですね。

 

今回の比叡山も初級コースだったけど、割ときつかった〜。でも、疲れてもう登れないってところまではいかなかったし、少しずつ体力がアップしているような気が。整体の先生のアドバイス通り、膝を守るためにストックを使い、下りはケーブルにしたのもよかった。どうしても膝に負担がかかるから。登山の2日後に整体でほぐしてもらったけど、もしかしたらこれからまだ筋肉痛が出てくるのかな。そんなことも余韻として楽しみながら、次はどこ行こうかなと考えています。こんな歳から始めて、どこまで登れるんだろう。まあ、焦らず気負わずマイペースで楽しみたいですね。

 

 

モンベルのイベントに行ってきました!

  • 2018.10.29 Monday
  • 18:34

大阪南港で開催されたモンベルクラブ・フレンドフェア(→)。おもしろそうだし、ウェアなどのアウトレット販売もあるので、行ってみました。

 

飲食ブースでいろいろ買って、食べながらステージの歌やトークショーを楽しむことができます。

 

トークショーをされた鈴木ともこさん。描かれたマンガを購入して、サインしてもらいました。とってもいい方です。

 

山登りはじめました(めざせ!富士山編)

山登りはじめました[鈴木ともこ]

 

運動音痴だった著者がひょんなことから山登りを始め、富士山にも登ってしまうというお話。山登り初心者が励まされること間違いなし。読むとすぐに山に行きたくなります!

 

 

実は、今回のイベントに来たかった理由が、クライミング体験(高さ6.5 m)。子どもばかりだったので、遠慮しようかなあと思ったけど、スタッフさんに励まされ、思い切って挑戦。腕力、脚力なくて大丈夫。 足さえあがれば大丈夫ですから、とスタッフさんに言われたとおり、なんとか登りきりました。 こういうとき、身長が高いと得。高所恐怖症の私は、降りるときにワイヤーに両手でつかまるのが怖かった〜!でも、スタッフさんが安心できる言葉を常にかけてくれて、念願の(?)初体験ができました。

 

 

最近お世話になっている整体の先生が、筋肉痛になるくらいの運動をしないと筋肉はつかない、と教えてくれて、山登りで筋肉痛になるのはとっても良いことらしいです。下りは膝に負担をかけないようにするのが大切らしく、ロープウェイで降りてもいいとのこと。このクライミングをもしかしたら体験するかもと話したら「ぜひやってきてください」と励ましてもらいました。とりあえず、たいした筋肉痛にはなっていませんけどね。あとからくるのかもしれません(泣)

 

モンベルクラブ・フレンドフェアでは、アウトレット商品のストックやリュック、冬用帽子などを購入。すぐにでも登りた〜い!

さて、どこに行きましょうか。紅葉の季節も始まりましたし。

 

山登りのためにトレーニングしようと思っていたのだけど、山登り自体がトレーニングになっていて、心なしか普段通る道で自転車のペダルを踏み込む力が強くなったような気がします。筋肉痛になった後の整体も楽しみの一つ。近所の整体では「電気マッサージ」→「先生のもみほぐし」→「ウォーターベッド」→「脚の加圧ブーツ」が1セットになっていて、小1時間の極楽タイム。院内はとってもきれいで、リラックスできます。初診料は1500円だけど、2回目以降は500円代って、かなりお得感がありますね。保険適用はいいですね。健康保険料、いっぱい取られているから(自分比)、これくらいはやらせていただきましょう。私はやらないけど、「はり」や「お灸」もやってくれるようです。

 

山登り、趣味と言うにはおこがましいくらいの初心者だけど、これからでもやってやれないことはないはず。亀のような歩みで一歩ずつ進んでいきましょう。

 

 

街と山

  • 2018.10.22 Monday
  • 16:50

天海祐希さんのファンの長女に連れられて、舞台を見に行ってきました。

 

その前に梅田で腹ごしらえ。長女が行きたかったという阪急デパートの上階のレストラン(→)。

デトックスウォーターがいろいろ置いてあります。

 

お野菜いっぱいのプレート。

 

ついでに、ウイリアム・モリスの壁紙展も観ました。

 

 

舞台は、新歌舞伎座で。ここは初めてです。


なかなか深い内容。それにしても役者さんたちってすごいですね。毎回毎回、セリフをちゃんと話して、動きもよどみなくて。スクリーンでなく、その場にいる人を観るのってやはり感動が大きいです。

 

 

観劇後は、梅田に戻り、グラフロのキルフェボンでお茶。マロンがおいしい!

 

 

今週のグリーンエクササイズは小谷城跡。

 

途中まで車で上りました。紅葉が始まっていてきれいです。

 

琵琶湖が見えますね。

 

この上に本丸があったそう。

 

伊吹山も見えます。

山を下ってから、戦国歴史資料館(→)で 浅井三姉妹のお勉強。城跡で大河ドラマの撮影もあったそう。大変だったでしょうね。

 

帰りはあねがわ温泉(→)に寄ってリラックス。館内もきれいで、本当にくつろげました。温泉って日本人独特のリフレッシュ方法ですね。露天風呂も気持ちよかった〜!

 

心地よいこの季節を逃さず、どんどんお出かけしたいですね。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

地球の名言

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM