「熱い心でクールな仕事を」がモットーの
メディカル翻訳者の日々の暮らし
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
夢は叶えるために

(今日のムフフ)

金目鯛の煮付けなんて無理〜と思っていたけど、スーパーで切り身を見つけ、これならやれるかも、と挑戦。

 

 

ナスと一緒に炊いてみました(鍋の中の写真が暗くてごめんなさい)。

 

 

煮汁のレシピはこちら(クックパッドで検索したもの)

 

  • 生姜  1かけ
  • 酒   大さじ3
  • みりん 大さじ3
  • 醤油  大さじ3
  • 水   大さじ9
  • 砂糖  大さじ1

 

これにR様がいつも加えるというハチミツを砂糖代わりに少し入れてみました。

 

意外と簡単でおいしかったです!

 

すぐに調子に乗る私は、別の日に同じレシピで鯛も炊いてみました。

父が「氷室(日本酒)のいいやつを送ってもらったから一緒に飲もう」とうちに来たときに、鯛好きの父に食べさせたかったのです。この日は母がナスを炊いて持ってきたので、付け合せは小松菜にしました。

 

うまくいきました。母からは、魚を皿に移してから、少し煮汁を煮詰めてかけるといいよ、とアドバイスをもらいました。

 

R様、ありがとう、おかげで1つ得意(?)料理が増えました。

次はR様の好物、エビチリに挑戦したいです。

 

 

 

昨日は辻井伸行さんのピアノリサイタルに行ってきました。

 

 

会場は大阪城公園駅からほど近い「いずみホール」。クラシック専用のこじんまりしたホールです。

 

 

プログラムはこちら

 

ベートーヴェン

 ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 作品13<悲愴>

 

 ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 作品109

 

ドビュッシー

 映像 第1集

  水に映る影

  ラモーをたたえて

  動き

 

 喜びの島

 

リスト

 超絶技巧練習曲より

  第5曲 鬼火

  第11曲 夕べの調べ

  第4曲 マゼッパ

 

 

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ<悲愴>は、下の子が2歳になった頃、趣味としてのピアノを再開して、最初に習った曲。ずっとこの曲(第1楽章)に憧れていて、先生に「この曲が弾きたいんですけど」と言ったらあっさりOKをもらえて。

当時の私にとっては超絶難しかったけど、辻井さんにしたらこの曲のテクニックレベルは準備運動程度。さらりと弾きこなしていました。ビリー・ジョエルの「This Night」の原曲である第2楽章はしっとりと。第3楽章は激しさと切なさを感じさせる演奏で。

 

続く第30番は、辻井さんにとっての挑戦だったそうです。晩年のベートーヴェンが到達した音楽の奥深さが凝縮されている曲、とのことでしたが、まさにその魅力を余すところなく伝える演奏。圧巻でした。

 

ドビュッシーは、辻井さんと相性がいいんじゃないかなあと勝手に思っています。まあ素敵な演奏でした。

音楽の奥に、景色が見えてくるのです。幻想的な世界に入り込んでしまう。ずっとその中にいたくなる。心地よい音のシャワーを浴びているようでした。

 

最後のリストは、これまた辻井さんの挑戦だったようですが、リストとの戦い(?)には間違いなく勝ちましたね。

リストは一説によると、難しくてみんなが弾けないような曲をわざと作っていたらしいですが、辻井さんはものともせず。

鳥肌がたちました。精巧なテクニックに裏付けられた力強い演奏。プロのピアニストでもここまで弾ける人は少ないです。難しいところをごまかして弾くことはできるかもしれないけど。それではリストに負けていますよね。

もう、この演奏をリストに聴かせたかった(笑)

 

鳴り止まぬ拍手の後に弾いてくれたアンコール曲はこちら。

 

 

得意中の得意な曲だと思うので、安心して(どれも安心しているのですが)聴いていました。まさにうっとりさせられる演奏。辻井さんは「お客さんをうっとりさせる演奏がしたいだけ」といつも言っているのですが、本当にうっとりさせてもらいました。

 

席が1階Q列13番というこれまでにない好位置で、真ん中の左寄り。手元もバッチリと見えました。通(つう)は右後ろに座ると言いますが、私はやっぱり手元を見たかったので。

 

辻井さんの演奏を生で聴くのはこれで3回目。1回目と2回目はオーケストラとの共演だったので、ピアノ好きとしてはやはりピアノリサイタルをいつかは聴いてみたかった。

夢が叶いました。本当に素敵な時間でした。

 

私がボランティアやアマチュア、低価格のサービスがあまり好きではないのは、そこに甘えがあるから。

ただで(安く)やっているんだしこんなもんで、という感じが好きではないのです。

実際自分も子ども関係の役員をやっているときに「まあ、これはボランティアなんだから」という言葉を何度も聞いたし、自分も人に言っていました。だからそこまで真剣にやらなくていい、やれるだけ、無理せずやったらいい、と。

なんでもかんでも全力がいい、と思っているわけではないのですが、なんでもかんでも力をかけずに、というのは自分の性には合わないですね。

例えば、ピアノなら、素人のコンサート、ボランティアのコンサート、タダで聴ける演奏を何百回聴いたって、今回のチケット代1万円の辻井さんの演奏にはかなわない。かなわない、というのは自分の中の満足感という意味ですが。

 

プロというのはそこをわかっていて、「お金をだしてもらう自分」であることを自覚しています。そこに甘えは許されない。その真摯な姿が好きなんです。

だから、これからもプロの気持ちに触れられるような体験をしていきたい。そしてもちろん、自分もプロとして対価をもらえる人間になりたい。

 

 

ずっと憧れていた辻井さんのピアノリサイタルに来ることができて、夢は叶う、と実感しました。

夢は叶えるためにあるもの、欲しいものは手に入れるためにあるもの。

さあ、言い訳せずに、素直に求めてみましょう。この素晴らしい世界で。

そんなことが再確認できた夜でした。

 

 

 

この日は夕方から大阪に出かけ、リサイタルの前に軽く食事を。

グラフロの「大人のフードコート」で軽く1杯。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

お友だちとの会話が弾みすぎて会場に着くのがギリギリでした^^;

 

ああ、楽しかったなあ。子どもたちが大きくなって、やっとこういうこともできるようになりました。

無理無理、でずっと自分の欲望を押さえてきたけど、実はやれることはもう結構ある?

つらいから見ないようにしていた素晴らしいもの、もう1回ちゃんと追いかけましょう。

 

部活同窓会

高校時代の部活仲間と同窓会。

今回は高校の近くで集合。久しぶりに堺東まで行きました。

 

まずは高校のすぐそばの二葉さんでランチ。

 

その後、校内へ。

 

校舎の大部分が建て替えられていたけど、なつかしい場所もいっぱいあり、高校時代にタイムスリップ。

この日は男子が練習だったようで、コートの外からおばさんたちに眺められてテニス部員も妙な気持ちだったでしょうね(笑)

 

その後、高級カステラ店の江久庵でカステラをいただきました。

 

千利休が堺で生まれたということもあり、このお茶処は「利休」という名前。茶室や庭園が眺められる空間でゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

まあでも、よくしゃべったこと。この日は10名ほど集まったのですが、みんな変わらない。確実に「青春」と思える時期をともに過ごせたことに感謝です。大台に乗る歳ということもあり、仕事面でチャレンジしたメンバーもおり、刺激を与え合いました。私にとって一番自分らしくいられる場所は家庭ですが、それと同じくらい高校の仲間、そして大学の研究室の面々といるときは素の自分になれますね。アホなことも熱いことも情けないことも全部言える。ありのままをガチッと受け止めてリアクションしてくれる。家族も含めてそういう仲間が得られたことは本当に幸せなことだと思います。

 

「明日から仕事がんばろう!」とみんな口々に言って解散しました(みんな専門職というのがあらためてすごいなと感じました)。仕事をしていないメンバー(する必要がないという理由から)もいるけど、個人的には「能力があるのだから社会に対しても活かしたらいいのになあ(あんなに勉強がんばってきたんだから)」と強く思います。「君たちは社会のリーダーになるのだから」と高校時代にある先生が発した言葉が男子学生だけに向けられたものだとは思いたくない。これは本当に個人的な意見で、幸せは本人が決めることだから口を出す筋合いはないのですけどね。私自身は自分の能力を活かし、成長できる仕事を今やることができていて、すごく満足しています。

 

子どもが大きくなってきて、なつかしい仲間とも集まりやすくなりました。これからもみんなに会うのが楽しみです。

 

 

押尾さんのボレロ

土曜日も青空の時間がありました。

蹴上から平安神宮まで歩く間に桜を楽しむことができました。

 

 

疏水はずっとつながっているのですね。

 

平安神宮のしだれ桜。

 

お友だちに教えてもらったタルトタタンのおいしいお店(→)。

メニューもかわいい。

 

タルトタタン、想像以上においしかったです!

 

 

さて、この日はロームシアターで押尾コータローさんのライブを聴きました。

 

私の大好きな上大岡トメさんがファンだということで、前から聴いてみたかったのです。

ロームシアターのサウスホールはこじんまりしていて、後ろの席でも押尾さんの手元がバッチリ見えました。

 

え〜、なんでこれを1人で弾けるの?と驚きの連続。どれだけ目を凝らしても、どうやってあの音のミックスジュースを1人で紡ぎ出しているのかがわからない。あくまでもリズミカルな両手の動き。ひょっとして左手でも弾いて(はじいて)いるの?ギターのことがわかっていないから本当に意味不明。誰か教えてください(笑)

 

そして、おそらくライブでは定番の「ボレロ」が始まりました。音が少しずつ重なってきて、さあこれからクライマックスというときに、突然わっと手をギターから離した押尾さん。「左手がつりました」とつぶやいて。

平謝りの押尾さんに「無理しないで」との会場の声。押尾さん、とっても気さくなお人柄なのですよねえ。みんなが思わず声をかけたくなるような。

弾き直してくれたボレロ、心に響きました。

 

他の曲も情熱を込めた演奏。またメッセージが「熱い」。同年代の人が恥ずかしげもなく「いくつになっても夢をあきらめないで」なんて言ってくれるとうれしいのですよねえ。

 

 

ライブ会場で購入したCD(→)。先着特典でポスターもついていたけど、仕事部屋はR様で埋まっているからどこに貼ろうかな(貼らなくてもいいかな(笑))。DVDもついていたのでじっくり見てみたけど、やっぱり弾き方がわからない。たぶん、すごさが全部はわかっていないのでしょうね。ピアノならわかるのだけどね。例えば辻井さんの演奏がどれほどすごいかということがピアノだったらわかります。ギターはわからないから、押尾さんのすごさ、半分もわかっていないと思います。

でも、そんなことわからなくても音楽として素敵です!

 

ロームシアターそばの桜。水面に映って幻想的でした。

 

 

三条で軽くご飯を食べて帰りました。夫が親戚によく連れてきてもらうというお店(→)で。

 

 

日曜日はお友だちと大阪で会いました。ランチはグランヴィアにて。

 

グランフロントでショッピングした後、カフェ(→)でスムージーを。

 

このカフェは、一緒に行こうと長女が誘ってくれていたのですが、一足先に偵察。長女はこの日は大学のお友だちと造幣局の桜を見に行ったようです。

iPhoneImage.png

造幣局は八重桜がいいですね。

iPhoneImage.png

 

来年は久しぶりに造幣局にも行ってみようかな。

 

お友だちといっぱいおしゃべりして、街を歩いて楽しかった〜!

帰宅したら夫が夕飯を作ってくれていました。ぶり大根、味が染みていておいしかった!

 

iPhoneImage.png

 

いっぱい遊んだから、今週も仕事と家のこと、バンバンこなしていきましょう!

 

 

 

 

古代ギリシャ展@神戸

終了間際の「古代ギリシャ展」を観に、師匠と神戸市立博物館に駆け込みました。

 

 

「古代ギリシャ」と一口に言っても実は様々な時代があり、それぞれに独特の文化が根付いていたことがわかりました。サントリーニ島って、歴史的にも重要な島だったのですね。

まさに「時空を超えた旅」を体験できました。

 

博物館の後は、オリエンタルホテルの最上階でランチ。久しぶりに神戸の海を見ることができました。

 

 

 

 

 

久しぶりの神戸。旧居留地はやはりおしゃれですね〜。柔らかな春の陽射しのなか、歩くのが気持ちよかったです。

 

外出が気持ちのよい季節、心と身体を緩めて存分に楽しみたいです。

和歌山小旅行

久しぶりに家族でお出かけ。

和歌山に行ってきました。

 

まずは緑化センターで花を見てほっこり。

 

 

 

 

 

 

温室で見つけた変わった花たち。

 

 

 

 

その後、マリーナシティまで。

ポルトヨーロッパを抜けて

 

黒潮市場で海鮮BBQを楽しみました。

 

iPhoneImage.png

 

その場で飲んでみておいしかったから量り売りの梅酒をおみやげに購入。

 

温泉に入ってから帰路につきました。

 

長女は進路先が結局自宅から通えるところになったので、これからもしばらくは家族4人で過ごすことになりそうです。

さて、今日は両親がうちに来てみんなで宴会をするので準備準備。

やはり慌ただしい春休みですが、楽しんでいきましょう!

 

祇園で見つけた春

先日、お友だちと祇園まで遊びに行きました。

その日はポカポカ陽気。

桜がもう咲いている!

 

 

 

三条から四条へ歩いていく途中にあったチョコレート屋さん。

有名店らしいです。試食して購入しました。とってもオシャレな雰囲気。チョコはもちろんおいしい!

お友だちは娘さんとこのお店に来たことがあるらしく、「新しい情報は娘からだよね〜」と意見が一致しました。

 

清水寺に続く町並みは古都の雰囲気でいっぱい。

着物姿の若い女性もチラホラ見かけました。艶やかで、見ているだけでこちらも心が弾みました。

 

つぶら乃さんで、ランチを。

 

春を感じさせるお料理を目と舌で味わいました。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

帰りは円山公園から八坂神社を通って。

 

この日は確か、1万2千歩くらいは歩いたと思います。

お出かけするだけで結構歩くものですね。

人間は毎日新しく100人の人に会わないとボケる、と聞いたことがあります。

毎日100人は難しいけど、せめて休日くらいは普段と違うことをしたいなあと思います。

普段会わない人に会い、普段見ない景色を見て、普段しないことをする。

仕事日は仕事日で充実していて満足なのだけど、リフレッシュの時間も必要ですよね。

春からはそのあたりも強化していきたいです。まあ、楽しいことを追求すればおのずとそうなっていくのでしょうけど。

ここのところ、楽しいことをちょっと封印していたかなあとも思うので。

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリアンな休日

同業のみなさんとの忘年会ランチ。梅田のパパミラノにて。

 



 

写真は撮れませんでしたが、27階からの展望が素晴らしかったです。晴れ晴れとした気持ちでランチ会を楽しみました。

 

翌日は治験翻訳講座。行きつけのイタリアンレストランでランチ。おお、イタリアン連チャン。でもおいしいからいいんです!

 

 

どちらの日も帰り際には「良いお年を」と声かけあいました。季節感があまりない仕事をしているので、そうやって挨拶できるお仲間がいるのがうれしかったです。

 

内容が非常にニッチなのに、思い切り語り合える仲間がいるのってうれしいですね。楽しいこともうれしいことも苦しいことも共有できる、それがうれしいですね。

 

好きなことを機嫌よくやっていると、些細なことはどうでもよくなるものですね。特に人がああした、こうした、という話題はほんとどうでもよくなってくる。そういうことにとらわれるかどうかが、「自分が今の自分に満足しているか」のバロメーターになるのかもしれませんね。
 

先輩ご夫妻と忘年会

昨日は社宅時代にお世話になった先輩ご夫妻と忘年会をしました。

 

駅前の近江黒鶏とワインバル Jidoriyaさんでカジュアルにワインを楽しみました。

 

☆宴会開始前の状態(その後写真を取るのを忘れました)。ペーパーナプキンがかわいかったので、写真に撮りましたが、よくわかりませんねえ^^;

 

子どもが小さいときは、お互いの家で宅飲みしましたが、最近はなかなかその機会ももてず。4人で外で飲むのは初めてでした。

お子さんたちの年もうちの子どもたちより少し上なので、参考になるお話がいっぱい聞けてよかったです。

実は奥様はピアノの先生で、私も一時期習っていたのです。最後の発表会で弾いたラフマニノフの「鐘」を2人でなつかしく思い出していました。あの頃はピアノに打ち込んでいたなあ。私は自分のそのような情熱を仕事で発揮したかった。趣味では納得できなかったのです。

 

昨日は子どもの話が中心でしたが、家族ぐるみで付き合っていただいていたので、どのエピソードも親近感を持って聞くことができました。話が盛り上がりすぎて、気付いたときには日付が変わっていました。

 

子どもたちの成長とともに、これからはこうやっていろんな人と夫婦単位で交わることも多くなるのでしょうね。それはそれで楽しいなと思いました。

 

 

ベストシーズン

紅葉狩り、今年は鶏足寺に行ってきました。長浜にあるお寺です。

 

 

 

 

ここは紅葉のジュウタンが有名らしいです。

野犬が入り込んできました。

 

 

お寺までののどかな道。トウガラシってこんなふうに実がなるんですね。

 

お土産は入浴剤。自然な感じがいいですね。

 

紅葉ってベストシーズンにつかまえるのが案外難しかったりするけど、今回はバッチリでした。鶏足寺はこれまでに行った中では最高だったかも。見に来ている人たちが思わず声をあげてしまうほど鮮やかな色合いの木々に圧倒されました。

ブレーキを外す

京都賞の受賞講演を聴きに国際会館まで行ってきました。

 

 

☆駅からの道で目に入った木々はもうちらほら紅葉していました。

 

この日のお目当ては本庶先生のお話。記念講演だからできるだけ一般向けにお話しされたこととは思いますが、途中からはどうしても専門用語が次々と。ギリギリ理解できたかなあという感じでした(笑)

 

iPhoneImage.png

 

お話の後半はPD-1に関するもので、非常に興味深かったです。何と言っても今をときめく(?)あの新薬の生みの親ですからね。近い将来、その薬剤の使用が第一選択治療になり、がんは感染症と同様、人類が制圧可能な疾患になると予想されていました。「がん治療のペニシリン」になるということですね。いやあ、本当にすごい。科学の進歩って地道なことの積み重ねだけど、そこから人類がどれほど多くのものを享受しているかと思えば、すべての研究者にエールを送りたいと思います。そして、私もその端の端のほんの一端を担っているという自負があります。直接的に何かを生み出すわけではないけど、そういう方々のサポートをする仕事だと思っていますから。今、仕事の8割くらいはPD-1がらみで、他のレセプター関連の案件もあり、そのあたりの仕事が当分続きそうですね。その後は、もしかしたらミトコンドリアの勉強をしなければいけないかな?またまたすごくおもしろそうですね。

 

ところで、その新薬の作用機序となる「ブレーキを外す」という概念、おもしろいと思いませんか?がん治療において、これまでは免疫力を「上げよう上げよう」としていたところに出てきた、「ブレーキを外す」ことで本来の働きを取り戻そう、という考え方。マイナスを除くことでプラスにするということ。それは医学だけでなく、あらゆる場面で参考になる考え方ですね。なにかうまくいかないとき、マイナスを取り除く方向に動いてみる、そういうことなのかな。

 

そういう意味で断捨離やミニマリズムなど、自分にとって不要なものを取り除こうという考え方は理にかなっているのかもしれませんね。得よう得よう、とするのではなく、出そう出そうとする。

ほんと、得ることばかり求めるのでは限界があるのですよね。物質面でも情報面でも。

 

なんだかとりとめのない話になってきましたので、今日はこのあたりで。