「熱い心でクールな仕事を」がモットーの
メディカル翻訳者の日々の暮らし
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ちょっとだけ

(今日のムフフ)

今年も付録のDVDケース欲しさに買ってしまった雑誌M。そこに載っていたR様の10000字インタビュー。自分は「悩む時間があんなら前向け!」っていうタイプだけど、昔、仕事のことで落ち込んでいたあるメンバーにはそれが言えなかったとのこと。わかるなあ。私もR様と同じタイプ。でもそれをだれかに主張することはほとんどない。正論を言っても引かれるだけだってわかっている。正しいことが正しいとは限らないということもわかっている。だから、自分自身に対してしか言っていないつもりなのに、今年も親に「あなたの言うことは影響力が強すぎる(から控えなさい)」と言われてしまった。これでも抑えているんだけどねえ。そのくせR様がTVに映ったのではしゃいでいたら、「バカなふりをするのはやめなさい」って、どういう意味だろう?優秀で、それをおくびにも出さず、そのうえバカなところは決してみせない、そんな娘をいまだに親は望んでいるのだろうか。ついでにいうと、能力を活かした仕事をバリバリやりつつ、家事と育児に手抜きはせず、夫をたて、子どもを慈しむ女性。そんなやついるか〜!というか、そんな「人から高評価が得られる人生」よりは「自分が楽しく思える人生」がいいなあ。ということで、いい年して「はしたない」かもしれないこのコーナーを今年も続けたいと思います。

 

 

年末恒例となった高校時代の部活同窓会。大阪のANAホテルで中華料理をいただきました。

 


 

 

 

2次会はロンドンティールームで。11人が集まり、時を忘れてワイワイと。



この同窓会が終わってから年賀状を書いている人が多い(私も)のですが、相変わらず「パワフル」「おもしろい」「話がためになる」というような感想(私の印象)を複数名からもらいました。でもこの「話がためになる」は気をつけた方がいいんだよね。極力控えたつもりなんだけどなあ、わかってくれるメンバーだと思ったから気が緩むんだろうなあ。例えば「人生100年時代だから長期スパンで考えよう」とか「私たちの時代は少なくとも70歳くらいまでは働かなきゃいけないんだから、どうせ働かなきゃいけないんだったら真剣に仕事のこと考えよう」とか、つい言ってしまったなあ。そういう意見を興味深く聞いてくれて、どちらかといえば喜んでくれるメンバーだから、つい言っちゃうんだけどね。こういう本当の私は、高校時代の友人と、大学の研究室仲間くらいしか見せていないつもりだから。

 

 

同窓会が終わると、毎年恒例の実家めぐり。昨年は長女の受験で行けなかったから久しぶりの感じがしました。家を離れられるって、いいものですね。自分の家にいると、ついいろいろ用事をしてしまったり、気になるところが見えてしまうから。夫の母と自分の母のいいとこ取りができるのもうれしい。夫の母は料理が得意、私の母は掃除が得意なのです。両方優れていたら完璧だけど、そうはいかない、かな?まあ、私はハーフハーフで目指せたらいいなあと思います。

夫の実家では長女がいま流行りの「人狼」ゲームを教えてくれて、若者(?)6人(その中では私が最年長)でやりました。おもしろいですね。少なくとも6人必要らしく、うちでは普段はなかなかできないから貴重な機会でした。長女は授業の空きコマにやっているとのことでした(もう、しっかり勉強してね〜)。

 

たっぷりごちそうをいただき、お酒も大いに楽しみ、体重増で帰宅。4日から仕事しました。年末年始に休んだ分、この3連休は仕事になりそうです。長女の成人式が唯一のイベントかな。すでに前撮りも終わっているので、後は本番に美容院や会場に連れていくだけ。親としての最低限の勤めを果たすだけでも結構大変ですね。もちろん、こちらもその分楽しませてもらっているのですが。私は「自分がされて嫌だったことはせず、されて嬉しかったことはしたい」と思っているので、自己満足ですが、これでいいよね、といつも思いながら子育てしています。いろんな人がいて、例えば子ども関係の役員でも、自分が平役員のときに本部役員にやらされていたことは、そのとき嫌だと思っていても、自分が本部役員になったときには平役員にやらせて当然と思っている人もいました。私はその逆で、自分が嫌だったことは次の人にはやらせたくないタイプ。子どもにも同じです。だって、負の連鎖は必要ありませんから。おお、また正論を言ってしまった。負の連鎖を断ち切るには、自分のなかに確固としたものがなければ無理なのかもしれませんね。まあ、それはそんなに大げさなことではなく、「自分が幸せだと感じる力」と言ってもいいのかもしれません。

 

ここ数年自分を緩めることに留意してきました。もともとがんばり気質だから、それでは続かないと思って「緩く緩く」と心がけてきたのです。一周回って、今年からは「少しだけがんばる」を目標にしたいと思います。決して完璧は目指しません。でもちょっとだけ、やれそうならやってみる、その程度のがんばり。例えば今日は紙袋を収納場所から出すときに、紙袋が溜まっているのをどうにかしようと思い、ほとんどの紙袋を捨てました。2日前は洗面所の片隅に溜まっていた不要な化粧品などなどを捨てました。たぶん、今までなら「まあいいじゃない、片付けまで完璧にできないよ、だって私は忙しいんだから」と目をつぶっていたと思います。でもなぜか最近は「ちょっとだけやってみようかな」と思えるようになってきました。実際、やり始めるとたいした手間ではなかったのです。自分の限界は自分が作っているのですね。掃除以外にも「ちょっとだけがんばる」を今年の目標にしたいと思います。やはり、少しずつでも理想に近づいていきたいですから。

 

今一度考える

(今日のムフフ)
背が低いことがコンプレックスのR様。冷蔵庫の上に置いたカゴの中からココアパウダーを取ろうとしたら届かなくて、なんとか引っ張り下ろしたら袋の口が開いてココアパウダーをかぶってしまい「俺、結婚できるのかな?」って思っただなんて、もうファンからしたらかわいいエピソードでしかないよ。ココアくらい取ってあげるよ、なんならココアくらい作りますよ、喜んで!みんなそう思っているに違いない。紅白の曲、予想が外れて「カモナ」だったから、またウクレレ練習しなきゃ。曲名がわかった瞬間、R様がどれくらいアップになる曲だったかな、と考えてしまうのがファン心ですね。他のメンバーももちろん、親戚の子みたいにかわいく思っているのだけどね。

 

 

今年もファミリークリスマス&誕生日会を開いてもらいました。

 

アラベスク舎のケーキは初めてだったけど美味。

 

近所のイタリアンレストランで予約しておいた前菜。他にはステーキとサラダ。

 

誕生日プレゼント。ウクレレをフライングゲットしたから、もういいよ、と言っていたのだけど。次女からは大好きな香りグッズ。長女からのDVDは自分が観たいというのもあるようです。

真ん中にあるのは防水のBluetoothスピーカー。これがあるとお風呂でも音楽聴けるよ、とお友だちが教えてくれたので、リクエストして買ってもらいました。浴室で流すと、R様の声の透明感が増してGood!みんな長風呂になりました。

 

 

ウクレレ教室での茶話会。同じ曜日の教室のメンバーが集まって弾き合うのです。もちろん初参加。私の教室は「ママがサンタにキッスした」を披露。他の教室の発表曲は、「おおシャンゼリゼ」「バッハのフーガ」「北の宿から(個人レッスンの方)」。全員で「Walking in a Winter Wonderland」も弾きました。自分のパートの音を出すのに必死。「Walking in a Winter Wonderland」にいたっては、1週間前に「これをやりましょう」と先生に言われ、とにかく音を鳴らさなきゃ、のレベルだったし。でも、みんなでアンサンブルするのって楽しいですね。ピアノは独奏がほとんどだったので、また違う楽しさがあるなと感じました。

自分のウクレレについてそれぞれ語った後で、交換して弾き合う、ということもやりました。語るも何も、私のウクレレは体験レッスンの後にそのお店で買ったもの。でも、初心者向けながら、なかなか良いものだと先生に言われました。ピアノは持ち運べないので、そこにあるものを弾くしかなかったから、そうやって自分の楽器にこだわるという感覚もまた新鮮でしたね。次は2月のプチ発表会。参加するつもりだけど、ついていけるかしら。まあ、ウクレレは気長にやっていこうと思っています。もう10年近く習っているメンバーもいらっしゃって、4人目のお孫さんが産まれた、なんて方も。皆さん音楽をとっても楽しんでいて、それを仲間と共有するのもとても楽しいとのことで、私も数回参加しただけでもすでにとっても楽しいです。よく考えたら、今まで個人プレーが多く、部活は卓球とテニス、楽器はピアノ、仕事は自宅で翻訳と、一人でやるものばかり。それが自分には向いていると思っていたけど、チームプレーも趣味なら楽しいなと思います。こんな風に、自分のなかのいろいろな自分を発見するのがまた楽しいですね。

 

 

年内の納品がとりあえず終り、少しだけ息をついています。でも、ここで気を抜くと年始が大変なので、どんどん進めていかなきゃ。今年の年収、目標額に数万円届かなかったけど、去年より50万円アップで、まずまずですね。1ヵ月に20日働いたとして、1日4〜5時間の労働でした。来年の目標が達成されたら、とりあえず自分がこの仕事を始めたときに目指していた状態になります。あと2〜3年でそうなっていれば一応満足です。ただし、今の仕事以外のこともいろいろやりたいので、必死でそうなるのではなく、余裕がないといけません(つまり、労働時間は増やさない)。無理なく目標額に達するのは難しいことではないんじゃないかと楽観的にかまえています。1年では無理かもしれないけど、数年ではなんとかなるかな?その目標達成のためには、小さいことに一喜一憂するのではなく、ものごとを大きく見る力が相変わらず必要だと感じます。年末年始に少しでもじっくりと考える時間が持てたら、そういうことを思い切り考えたいです。方向性さえ決めれば後は自動的に進むものですから。

 

 

あともう一歩で自分が理想とする状態(仕事もプライベートもすべて含めて)になりそうですが、そのあと一歩がなかなか難しい。「百里を行く者は九十里を半ばとす」という言葉どおり、ここからが勝負なのかも。もう一度気を引き締めて、今後の戦略を練っていきたいです。

もう1つの欲

忘年会のシーズンですね。先週は2回参加しました。

 

ウクレレ教室の忘年会(→)。先生が担当されている複数の教室のメンバー10名が集まりました。20代から60代まで、幅広い年齢層の方々と楽しくお話しました。

 

 

iPhoneImage.png

 

お友だちとの忘年会(→)。

 

年末にかけて仕事がどんどん忙しくなり、すでに1ヶ月先までスケジュールが埋まっている状態。

お正月と誕生日だけは仕事せずに過ごしたいんだけどねえ。

 

ここ数年、キッチンの換気扇のお掃除はプロにお任せしているけど、他にももっと外注していこうかな。でも、家事は身体を動かす作業で気分転換にもなるしねえ。

 

「2人目でも少しは学校に行ってあげたりしなあかんよ」とママ友がいつもアドバイスをくれるので、昨日はついつい安心してほったらかしの次女の個別懇談会に行ってきました。こんな昼間に出かけるなんて、ああ、仕事が滞る、とつい思ってしまいますが、そうでもしなければ本当に私は仕事ばっかりしてしまうのですよね。暖かな日差しを感じながら計2時間の外出。娘たちは本当に親孝行で、日頃、友達関係などで心配させられることがないのです(学業成績はともかくとして)。次女も部活にイベントにと、目一杯高校生活を楽しんでいるようで、そういう体験は大人になっても宝物になるから、よかったなと思います。帰宅後はちょうど帰ってきた長女とMステまで準備(入浴&ご飯)。アホなことばっかりしゃべっていますが、いつも楽しいです。WOWOWで観たYくんの主演映画「僕らのご飯は明日で待ってる」で、ヒロインが言っていた「人生には2回家族を作るチャンスがある」という言葉は本当だなといつも思います。1回目のチャンスは子ども時代にあるのだけど、これがうまくいくかどうかはほとんど親しだいですよね。だから本当のチャンスは2回目。映画のヒロインが2回目のチャンスを楽しみにしていたのと同じように、私も2回目のチャンスに大げさに言えば自分の人生をかけていて、思った以上の結果になっていることにすごく満足しています。これは自分だけではつかめないことだから、いろんな人、いろんなことに感謝の気持ちが湧き上がります。もうそれだけで幸せだなあと本当はいつも思っているのですが、まあ、もう1つの欲の部分で、仕事にあくせくしている状態ですね。

 

娘たちにも2回目のチャンスが訪れるだろうから、そのときは今の家族の形態も変化することでしょう。そのときはそのときでもしかしたら悩ましいことが起こるのかもしれないけど、少なくとも今はこういう家族を持ててよかったと思います。この先のことはあまり考えていませんでしたが、家族中心から少しずつ社会にも目を向けて行くのかなあと思っているところです。なんてったって同世代が多い年代ですから、仲間には事欠きませんし。ウクレレ教室では先生を含めてそれぞれ2歳ずつ違う4人のメンバーのなかで、私は下から2番目。他の教室にはもっと幅広い年代の方がいます。そういう方たちとの交流も今後楽しみです。とりあえず、来週の茶話会までにもう1曲なんとか仕上げなきゃ。いきなりいろいろ参加しているので、ちょっとハードだけど楽しいです。ウクレレ教室も時間が取られるのだけど、そういうものを強制的に入れないと、仕事に走ってしまうタチなので。

 

さあ、年末まであともうひと頑張り。3が日は仕事のことを考えずに過ごせますように。

 

 

記念に

カレンダーが残り1枚になりました。

 

長女は来年用の手帳に手作りカバーをつけたいと、布のストックからいろいろ引っ張り出して、ボンドで張り付けてパッチワーク。

リバティの布はどう組合せてもかわいいですね。

 

 

鉢植えも冬の装い。ジュリアンはギッシリ詰めて植えるのが好き。

 

次女が学校帰りに石山寺のライトアップを観に行くというので、御朱印帳を託しました。

 

本当は本人が行かなきゃいけないのだろうけどね。石山寺は以前お参りしたことがあるので。紫式部のハンコがいい感じ。

 

 

さて、最近始めた新しい趣味。

 

見てのとおり、ウクレレ。先っちょに乗っかってるのはフクロウの形をしたチューナー。

 

長女の大学受験で疲れきっていたこの春先、なんだかやたらハワイに惹かれていて、聴く音楽もリラックス系が多かったんです。ウクレレの音楽を聴いているうちにやりたいなあと思ってきて。どうせならギターに挑戦しようかとも思ったけど、ウクレレの方がギターよりは小さくて手軽かな、という気がして。先月、体験教室を数回受講して、今月からグループレッスンを受けることにしました。

 

ピアノ以外の楽器はリコーダーと木琴、鉄琴(どれも学校の授業)しかほぼ触ったことなし。こんな私でも大丈夫かな?と思ったけど、ウクレレはほんと手軽に音を出せるのです。体験教室で4つほどコードを覚えたところでウクレレを買いました。まだ10日たっていないけど、もういろんな曲を好きに弾いています。

 

R様もウクレレを始めたという情報を聞き、もうこれはあの曲をアップするしかないと、自分でコードを適当に書いて、早速アップしました。素人まるだしですが、よかったら聴いてください(→)。

 

言い訳ですが、まだちゃんと習っていないので、持ち方も弾き方もよくわからない状態。メロディーと伴奏を同時に弾くテクニックがないから、歌で補っていますが、もう、いっぱいいっぱい。それでもそれなりに楽しめています。

 

ピアノは大好きだけど、自分の中で、「たくさんの音符をいっぺんに速く鳴らす」ことが命題になってしまっていて、ある意味しんどい挑戦が続いていたのですが、ウクレレは純粋に楽しみでやっていきたいな。私にとって、ピアノからウクレレへの移行は、いわば「音の断捨離」。他の方々とのアンサンブルもすごく楽しみで、その目的でグループレッスンにしました。

 

次女が学校の音楽でギターを習ったらしく、「ちょっと貸して」とやり始め、すぐに次々といろんな曲を弾き始めました。中間テスト前だったので、「今回のテスト、ウクレレと『どう森』で終わった〜」と言っていましたが、ギターをやっているとウクレレも簡単にできるようです。

 

新しい趣味は本格的にはこれからですが、すでに楽しくて、始めてよかったなあと思っています。

未練タラタラ

(今日のムフフ)

新しい趣味を始めるために、プレゼントをフライングゲットしたから、一旦はあきらめたけど、ああ、今日もつけてるじゃないの!やっぱりほしいな、あのネックレス。手作りで我慢しようと手芸屋でビーズを探したけど、そんなの売ってない〜。それにしてもR様、それ、本当にお気に入りなんだね(実は彼女(いればですが)からのプレゼントだったりして、ショック)。

 

プレゼント

(今日のムフフ)

普段から「この2倍量の仕事なら可能だな」と思っていて、実際にこのところ2倍量の仕事をしているのだが、瞬間的に3倍量になり、これはいよいよ本当にチャレンジング。そんなときに届いた10周年感謝プレゼント(裏は写真入り)。もう、これだけでがんばれるよ。

しかし、定期も社員証も持っていない自宅フリーランスの私に使いみちはあるのか?まあいいわ。きれいに飾っておきましょう。

ああ、もうすぐ東京でイベントが始まるのね(泣)

 

 

食欲の

(今日のムフフ)

「ヘイ、焼きピラフ!」だなんて、信じられないわ。あんなオシャレな曲がそんな風に聞こえるなんて。あのCM以来、ずっとバラの香りのシャンプーを買い続けているんだから。えっ、たしかにそう聞こえる(笑)一回そう聞こえたら正しい歌詞が聞こえなくなるじゃない〜。

金曜日のMステ、超楽しみ。R様振り付けのあの曲だからね。ドームツアーが外れた悲しみをどうにかして癒やさないと。

 

 

毎度おなじみの食欲の秋がやってきました。

 

長女が買ってきたロールケーキだの

 

夫が横浜で買ってきたパリトロだの

 

(ちなみに横浜は何学会か忘れたけど、学会の会場になっているらしく、一度バニラビーンズを教えたらまた買ってきてくれました)

 

ランチョンセミナーでもらったというボールペンと資料もおみやげ。会社のお金で勉強できる人はいいですねえ(といいつつ、会社員には絶対戻りたくない私ですが)。

 

 

 

夫お得意の天丼。エビ、ホタテ、キス、ちくわ、サツマイモ、大葉にナス。ボリューム満点。

 

ちなみに、この翌日の晩御飯は手巻き寿司にしたんだけど、疲れていたから全部用意してもらいました(午前中、長女の成人式の前撮り&午後アウトレットというてんこ盛りスケジュールだったもんで)。卵焼きを焼き終わった後、ニコニコして「我ながらうまくいった」と大満足の様子。やばい、私より数段うまい。娘が「今日の卵焼き、お父さん?」と聞くくらい、はっきりとした違いがあったようで。

 

長女はハロウィンパーティーを大学の友人宅でやるらしく、クッキーを焼いていました。

 

 

近所に来たから、と母が買ってくれた乃がみの生食パン。これさえあれば何もいらないおいしさ。

 

食べ物がおいしすぎて、こわいよ〜!毎朝計る体重、1〜2日でこんなに増える〜?毎日30分運動しているのだけど、それだけじゃ痩せないよ〜。それか、もしかして脂肪が筋肉に変わった?とにかく、楽しい食欲の秋をなんとか手なずけましょう。

一無・二少・三多

(今日のムフフ)

「ベストジーニスト2017」の第1位に同じグループのYくんが選ばれた。うれしいな。そして、R様は番組で大好きなナスのお料理が食べられて、よかったね!今はもう金髪になっているらしい(和歌山、外れてくやしいよ〜)。早くも次の映画かあ。その前にドームのチケット、絶対当てるぞ!

 

 

最近「一無・二少・三多」(→)という言葉を聞きました。

 

一無:「禁煙」

 

二少:「少食・少酒」

 

三多:「多動・多休・多接」

 

これらを心がけることが生活習慣病の予防になるらしいです。

 

 

「一無」「二少」は、まあ前から言われていたようなことですが、「三多」はちょっと新鮮でした。

体を多く動かし(多動)、しっかり休養をとる(多休)、多くの人、事、物に接する生活(多接)を送ることが大切らしいですね。

 

最近は、「断捨離」や「ミニマリズム」ブームで「少ないことがベスト」みたいな傾向があって、モノはもちろんのこと、無駄な時間や無駄な人間関係は少なくすることこそが、心の安らぎにつながる、というようなことが言われてきたように思いますが、最近の研究で「ストレスは有害ではなくむしろ役に立つ」という知見も発表されており、なんでも「ちょっとでもイヤなことはなくしてしまえ」というような考え方は実は心身の健康によくない、という見方も出てきているのです。

「三多」のなかの「多接」がそうですね。できるだけ人、事、物に接する生活、なんてなんだか時代錯誤のような気がしますが、それが大切らしいのです。

 

時間も人間関係もゆる〜い部分がある方がいい。ゆるいだけだときっと物足りないけど、ゆるさがないとやっぱりシンドイんじゃないかな。一見無駄なような、でも実は大切なもの。頭でっかちな現代人が忘れがちなことですよね。

 

 

普段の仕事では「多接」が難しいので、機会を捉えてせめて「嫌がらないように」しています。

この週末も地域の運動会に参加して「綱引き」してきました。役員の友人が誘ってくれたので、その誘いにスルッと乗った形です。参加したからといって何か目に見えるベネフィットがあるわけではありませんが、少なくとも「多接」だったと思います。たくさんの人の顔を見て、たくさんの人とおしゃべりして楽しみました。

 

 

本当に人間って行ったり来たりですね。ミニマリズムの次には「無駄を大切に」なんて時代が来るような気がします。

 

 

食欲の秋到来。

マールブランシュの新スイーツを早速。

 

ミニストップで季節のソフトクリームを。

 

運動もしっかりして、秋を楽しみましょう!

チートデイとゴールデンドロップ

(今日のムフフ)

あ〜あ、舞台挨拶のチケット、外れた〜(´・ω・`)

まあ、無理だよね。でも、大阪に来るなんてうれしいな。せめて、同時中継をやっているシネマに足を運ぼう。

映画の公開が近いからか、いろんなテレビ番組に出ているR様。「アタック25」にまで出るって!?とりあえずMステのウルトラフェスが楽しみ。思い出の曲だからね〜。歌詞をいつものライブのように変えてくるのか、それともCDどおりにするのか、ワクワクですね。

 

 

仕事を家でしていると、外に出ることがほとんどないので、ちょっとしたお出かけが楽しみ。

湖西にあるRoz&Mary(ロズアンドマリー)は雰囲気がシックで、シフォンケーキの生地がきめ細かくておいしかった〜!

 

 

 

 

 

同業のお友だちと祇園でランチ。リゴレットは雰囲気もよく、パスタやピザがおいしかったです。飲まずにはいられないって感じで、私はスパークリングワインを注文。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

 

「チートデイ」って知っています?有名な女性トレーナーさんが平日はサラダ中心の食生活だけど、休日はお肉やスイーツを好きなだけ食べていて、「自分を甘やかす日」を作っているのですよね。「今日はチートデイね」と、都合よくその言葉を使っていた私たちでした(笑)

 

 

近所に新しいスタバができたので、仕事の合間に長女(大学生は夏休みが長いですね)と偵察。スタバは市内に3軒ありますが、隣の市にある新しいスタバはそれらよりも居心地がいい感じ。この日はほうじ茶ラテを試飲させてもらったので、コーヒーはやめてゆずティーを注文。カフェクリームラテは長女のチョイス。

 

 

 

少し前に集中力に関する本を読み漁っていて、そこからいろいろと影響を受け、少しずつですが行動を変えています。

現在進行中なので、またはっきりと効果が出たらお伝えしたいと思います。

とりあえず私の場合、仕事に一番集中できるのはやはり午前中。そこでどれだけ進めるかで1日が決まるような気がします。なので、その時間をすごく大切にしています。朝、ルーチンの家事などを終えたら机に向かいますが、ブログを書きたいなあなんて思うことも。でも、この時間をそれに使ってしまったら、仕事には他の時間を当てなければならなくなる。それを考えるとやはり仕事をまずしよう、と思い直します。

この時間は私にとって「ゴールデンドロップ」のようなもの。紅茶を淹れるときの最後のひとしずく、それが一番おいしいと言われていますよね。それを絶対に逃さない、そんなふうに思いながら1日を過ごしています。午後はわりとゆるんでいます。夜はほとんど仕事しません。それでもメインの2社からの仕事をやりこなせています。やはり何事も緩急をつけて。いっぱいいっぱい、とか、だらだら、とかは結局非効率的なのですよね。

 

「やりすぎ」も「休みすぎ」も、生き生きとした生活を送るうえで、よくないようですね。「仕事や役割に一生懸命な時間」と「好きなことやものに身を任せる自分を大切にする時間」のバランスをうまくとっていけたらいいですね。

 

 

 

 

夏が終わるぞ

(今日のムフフ)

R様が表紙の映画雑誌、3冊目が届いた!すぐ売り切れるから、ハガレンのときは即予約しようっと!

相変わらず強気発言の多いR様。凛々しいわ〜!

でもね、今回の10周年ツアーの初日は最後の挨拶で思わず泣いてしまったのよね。グループがここまでになるのにはいろいろあったから。デビュー後間もなくYくんから交代の形でセンターの座につき、その後ずっともがきながらもその重圧に負けずに前に進んできた姿はメンバーの誰もが認めているし、グループ愛の強さもみんなに伝わっているからこそ、グループとしてもここまでたどりつけたんだね。自分一人だけの成功を望まなかった過去が今を創っている。望んでいた姿が形になってきたからこその涙なんだね。

自分以外の誰かを思い通りになんてできないはずだけど、気持ちが伝わった結果として他の人も変わっていったんだね。

いろんなところを尊敬しているけど、「自分だけ」ではないその姿勢からも教わることが多いです。ありがとう、R様。ほぼ倍の年齢のアラフィーでも学ばせてもらっていますよ。

 

 

 

ライブ旅行が終わり、ぼ〜っとしている間に夏が終わりに近づいていました。

他のイベント、何も考えていなかった〜。おお、泳いでいないぞ(福井の宿の温泉で、誰もいない時につい泳いでしまいましたが。。。子どもか)!

 

 

親戚の集まりで大阪に行った帰りに買った季節限定パインとココナッツのチーズケーキタルト。

 

 

 

これだけはちゃんと育てようと頑張っているイングリッシュローズのデズデモーナ。

鉢替えをしてしばらくしたら2番花が咲きました。よかった。

 

 

 

 

いつも食べ物ネタの我が家です。

これは長女が岐阜みやげに買ってきた五平餅。オーブントースターで焼いているところ。

動画をアップしていたようで、解説文も付いています(笑)すぐ母をネタにします。

 

 

スイカ、4分の1で398円って安くないですか?さすがスーパーH。

 

 

お友だちとランチして、おしゃべりを楽しみました。

ほんと、友だちっていいものですね。

 

こんなにバジルの効いたジェノベーゼはそうないですね。とっても風味豊かでした。

 

 

 

明日から9月。またお弁当生活が始まります。親業がなかったらどんなに自由かと、たまに夢想するけど、きっとこの役割は自分にとって大切なものなんでしょうね。いつも「自由で孤独」と「窮屈で安心」の間を「気持ちだけ」行ったり来たり。迷ったときは、人間はサルに近い動物であることを思い出して。頭ではなく本能が教えてくれることもあるから。