<< 仕事始めと今年の目標 | main | 「運動」と「瞑想」を行うには? >>
治験翻訳の母

ここのところ長女の受験で忙しく、なかなかブログを更新できませんでした。

進学先によっては家を離れることもあるので、それを思うとやはり寂しく、ああ、親になるってことはこんなにつらい思いをすることなのかとも思ったくらいです。そのことを母に話すともちろん母はその気持を理解し、自分もつらかったことを改めて語りました。「子を持って知る親の恩」とは本当によく言ったもので、自分が同じ立場になってより理解できることはあるものですね。欠点に見えていた母の言動はもしかしたら愛情の裏返し、寂しさが反映されたものだったのかもしれないなと思い至ることができました。そういう意味でも子育てを通じて学ぶことは本当に多いですね。

 

さて、そんな思いを抱えながらの日常の仕事、これには救われました。なんせ、仕事中は他のことは考えられませんから。今までも何度も救われたけど、本当に今回も救われています。仕事があってよかったと心から思いました。

仕事がらみでの人との交わり、これにも本当に救われました。

先週は翻訳会社さん主催のセミナーと治験翻訳講座に出席したのですが、そこでの自分は「受験生の母」という仮面から「翻訳者」の仮面へと付け替えたかのごとく振る舞えました。少なくともその場での一番の関心事が「翻訳」であるという空間の雰囲気にどれだけ救われたことか。リスク回避という点で、マルチタスクは不可欠だなあと改めて思いました。仮に自分が「母」であるということにしか重きを置いていない人生だと、かなりつらいときもあるわけです。「母」というところに「仕事人」を当てはめても同じですね。何か1つというのは避けたほうがよさそうですね。

 

翻訳会社さんのセミナーでは、社内の方々とお話する機会もありました。自分よりも若い人が大半で、そう、もう娘との年の差の方が少ないような方々ばかりです。キラキラした目で熱心に話される様子を見ているとああ、こんな風に娘もいつかしっかりと自分の道を歩んでいくに違いないとも思えたし、自分自身はたとえ娘が巣立っても若い方々と例えば仕事を通じて触れ合う機会は持てるのだなあとも思いました。

 

別の日に治験翻訳講座を受講した後の恒例のランチ会でも、いろんな年代の様々な状況の方々とお話することができて、それが何よりも自分の気分転換になりました。そのときに「○○さんって、治験翻訳の母みたいですよね」と同じ教室のメンバーから言われたのです。その教室での母親的役割、という意味だったようですが、なんだか私はその言葉に衝撃を受けました。

娘の件で寂しかったのは、娘が巣立ったらもう母として直接何かしてやれることは少なくなくなる、ということもあるのですね。それは本当に仕方がないことだし、巣立ちは喜ばしいことだから阻止するなんてありえない。娘2人はいずれ巣立っていき、自分は母としての役割を終えることになるのだなあと思っていたところに「治験翻訳の」という言葉。そのときに「ああ、私は生物学的に2人の娘の母でしかなく、その2人を助けてやることも少なくなっていく、やがてなくなっていくことは自明の理で、仕方がないけど、なにも生物学的な母でなくてもいいじゃん」と思えたのです。娘を思う気持ちは別の形で昇華できるのかもしれない。それは何らかの形での後輩のサポートかもしれない。具体的に今は思いつかないけど、家族オンリー志向ではなく外にも目を向けると、自分が母親的役割を果たせる場所はいくらでもあるのだと、思えたのです。

人が好きだから、家族のメンバーも好きで、娘が離れていくのは寂しいと思っていたけど、人は家族以外にもいっぱいいますよね。当たり前だけど、わりとファミリー志向だったから気づかなかった。自分が人生に何を求めているのかがまた少しわかったような気がします。

 

立場や役割が目まぐるしく変わる女性の人生、そのことが辛い場合もあるけど、変化は別の世界を見るチャンスでもあるのだから、様々な経験を自分の武器として、新たなフィールドでもハッピーに過ごしていく努力をしたいなと思います。

| 日常 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogathome.jugem.jp/trackback/1058
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

地球の名言

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH