<< 桜を求めて | main | 飲んだり食べたり >>
押尾さんのボレロ

土曜日も青空の時間がありました。

蹴上から平安神宮まで歩く間に桜を楽しむことができました。

 

 

疏水はずっとつながっているのですね。

 

平安神宮のしだれ桜。

 

お友だちに教えてもらったタルトタタンのおいしいお店(→)。

メニューもかわいい。

 

タルトタタン、想像以上においしかったです!

 

 

さて、この日はロームシアターで押尾コータローさんのライブを聴きました。

 

私の大好きな上大岡トメさんがファンだということで、前から聴いてみたかったのです。

ロームシアターのサウスホールはこじんまりしていて、後ろの席でも押尾さんの手元がバッチリ見えました。

 

え〜、なんでこれを1人で弾けるの?と驚きの連続。どれだけ目を凝らしても、どうやってあの音のミックスジュースを1人で紡ぎ出しているのかがわからない。あくまでもリズミカルな両手の動き。ひょっとして左手でも弾いて(はじいて)いるの?ギターのことがわかっていないから本当に意味不明。誰か教えてください(笑)

 

そして、おそらくライブでは定番の「ボレロ」が始まりました。音が少しずつ重なってきて、さあこれからクライマックスというときに、突然わっと手をギターから離した押尾さん。「左手がつりました」とつぶやいて。

平謝りの押尾さんに「無理しないで」との会場の声。押尾さん、とっても気さくなお人柄なのですよねえ。みんなが思わず声をかけたくなるような。

弾き直してくれたボレロ、心に響きました。

 

他の曲も情熱を込めた演奏。またメッセージが「熱い」。同年代の人が恥ずかしげもなく「いくつになっても夢をあきらめないで」なんて言ってくれるとうれしいのですよねえ。

 

 

ライブ会場で購入したCD(→)。先着特典でポスターもついていたけど、仕事部屋はR様で埋まっているからどこに貼ろうかな(貼らなくてもいいかな(笑))。DVDもついていたのでじっくり見てみたけど、やっぱり弾き方がわからない。たぶん、すごさが全部はわかっていないのでしょうね。ピアノならわかるのだけどね。例えば辻井さんの演奏がどれほどすごいかということがピアノだったらわかります。ギターはわからないから、押尾さんのすごさ、半分もわかっていないと思います。

でも、そんなことわからなくても音楽として素敵です!

 

ロームシアターそばの桜。水面に映って幻想的でした。

 

 

三条で軽くご飯を食べて帰りました。夫が親戚によく連れてきてもらうというお店(→)で。

 

 

日曜日はお友だちと大阪で会いました。ランチはグランヴィアにて。

 

グランフロントでショッピングした後、カフェ(→)でスムージーを。

 

このカフェは、一緒に行こうと長女が誘ってくれていたのですが、一足先に偵察。長女はこの日は大学のお友だちと造幣局の桜を見に行ったようです。

iPhoneImage.png

造幣局は八重桜がいいですね。

iPhoneImage.png

 

来年は久しぶりに造幣局にも行ってみようかな。

 

お友だちといっぱいおしゃべりして、街を歩いて楽しかった〜!

帰宅したら夫が夕飯を作ってくれていました。ぶり大根、味が染みていておいしかった!

 

iPhoneImage.png

 

いっぱい遊んだから、今週も仕事と家のこと、バンバンこなしていきましょう!

 

 

 

 

| できごと | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogathome.jugem.jp/trackback/1070
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

地球の名言

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH