<< 連休も終わり | main | SDL2017年度春季ロードショー@大阪 >>
お正月以上?

いつ頃からだったかな。母の日の朝にいつものように洗濯しようとしていたら長女が「お母さんは何もしなくていいよ」とすべての家事をやってくれるようになったのは。確か小学校高学年くらいだったと思いますが、それ以来、母の日は本当に「何もしなくていい日」になりました。

 

家事というものは「いえのこと」だから、家にいないとできないので、出かける用事があれば当然難しくなりますが、父娘3人で何とか分担していろいろやってくれています。

 

今年は「朝からサンドイッチパーティーしたいなあ」とリクエストしました。用意ができた頃に起床(のはずが、習性で早く目覚めちゃうんですよね、これが^^;)。

 

 

昼食はスパゲッティナポリタン(夫作)。

 

おやつにケーキも食べちゃいました。

 

 

夕食はロールキャベツ。これまた夫作。子どもたちは手伝い程度(笑)

主人の母とこの日に電話で話したら、「今日はご飯を全部買ってきて済ませた」と言っていました。ああ、昭和の夫(つまりお義父さん)に家事分担を求めるなんて無理なのね。自分たちの前の世代よりかなり長生きで、動かない夫を持つ妻になってしまうあの年代に同情します。まあ、あちらからしたら妻が専業主婦ではいられないこちらの世代が同情されているのかもしれないけど。

 

 

プレゼント。奥のツボ押しは夫へのリクエストで買ってもらいました。

子どもたちからはポーチやハンカチ、高級チョコなど。

青いパッケージは長女に頼んで買ってきてもらった、R様がつけている(娘情報だから本当かどうかは不明)という香水。

毎晩、枕にふりかけて楽しんでいます(笑)

 

家事をあえてしない、というのも手持ち無沙汰で。かといって仕事もできればしたくなかったので、気の向くままにライブDVDを観たり、ピアノを弾いたりしました。いやあ、「何もしなくていい」という意味では正月以上にのんびりできる日ですね。お正月はいわば家族の行事だから、嫁として、娘として、妻として、母として、ある程度動かなければならない(洗濯がなくなることはありませんし)。お友だちが言っていたのだけど、「家族旅行ですら完全にリラックスはできない」という立場なんですよね。まず動くのは自分、という気持ちがあるから。母の日はそういうことすべてから開放され、本当に楽ができました。ああ、これを2人の母にも体験させてあげたいな。そのためには自分が実家に行って、すべての家事をやってあげればいいのですけどね。自分がうれしいと、人にもやってあげたくなるものですね。感謝に包まれた母の日でした。

 

 

今週は仕事が忙しくて、楽しみにしていた翻訳仲間との遠足にも行けませんでした(泣)

天気のいい日はせめて外にでたいから、朝の散歩を少しだけ。

 

旧草津川の堤防にできたスポット。歩けるコースができていて、庭も整えられています。

 

 

田舎には似合わないおしゃれな感じ。これが東京とかなら人であふれているんだろうなあ。こちらでは人影はまばら。ぜいたくに散歩できます。

 

地方税、うんと払っている(自分比)のだから、せいぜい楽しませてもらいましょう。

| 日常 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blogathome.jugem.jp/trackback/1077
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

地球の名言

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH