「熱い心でクールな仕事を」がモットーの
メディカル翻訳者の日々の暮らし
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 関西から愛をこめて | main | 国宝展 >>
微笑みの国へ

(今日のムフフ)

えっ、知らなかった。「海外はハワイとタイがよかった」なんて言っていたのね。少し前の話だから今はパリとかも入るのかもしれないけど、パリは行ったことあるし、ハワイも行ったことがあるから、今回タイに行ってよかった!

 

というわけで、(どういうわけ?)初めてタイに行ってきました(行き先を選んだときは、R様の発言は知りませんでした、念のため)。夫のリフレッシュ休暇の旅行に付き合った形です。

 

 

夕方関空を出発して、夜バンコクのホテルに。

 

ホテルの朝食はタイ料理、洋食、日本食、中華、なんでもあり。

 

バンコクは都会で、ゴミゴミしている印象。

 

駅前ビルに屋台の料理が買えるフードコートが。

 

カレーと、トムヤムクンラーメン。ホテルの部屋にテイクアウトして食べました。

iPhoneImage.png

 

だって、12時(現地時間)から関西では観られないあの番組、やってるんだもん。なんでバンコクで観てるんだろう、と思いつつ(笑)

 

タイ古式マッサージ発祥の地のワット・ポー。そこの直営サロンへ。

タイ古式マッサージは初めてでした。布団に寝る感覚が落ち着きましたね。「2人でやるヨガ」とも言われているとおり、ストレッチに手を貸してくれる感じもあり。おもしろかったです。

 

 

シーロムビレッジでタイ舞踊を鑑賞しながら晩御飯。衣装があでやかで踊りもステキでした。

 

 

アユタヤを1日観光。

王の夏の離宮として建設され、現在は王族の別荘になっている「バイパイン宮殿」

 

広大な庭園を展望台から眺めることができます。

iPhoneImage.png

 

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンの涅槃像。62mの巨大なリクライニングブッダ。

 

 

ワット・マハタートには菩提樹の中に埋まった仏像の頭が。

 

世界遺産のアユタヤ遺跡は広大でした。近くまで行って登ったり触ったりできるところがおおらかですね。

iPhoneImage.png

 

世界遺産とともに楽しみだったのが「象乗り」。象はとっても賢くて、可愛らしかったです。

 

タイの名物、プーパッポンカリーはソンブーンシーフードレストランで食べました。メチャウマです!

 

 

タイに行ってやりたかったことの1つが「ルーシーダットン」。ワット・ポーで朝8時から教えてくれます。

 

日本でもルーシーダットンのクラスは受けたことがあるけど、そちらはヨガに似ていました。ワット・ポーのルーシーダットンは少し気功に似ていたかな。先生2人が親切に教えてくれました(無料)。

 

タイの仏像はとにかく金ピカ。あでやかなんですね。

 

ワット・ポーのリクライニングブッダ。カメラに入りきらない大きさ。こちらはお堂の中にあるのです。

 

献金して、このコインをもらいます。

 

それを108個ある容器の中に順に入れていく。煩悩がなくなる、ということです。

 

ワット・アルンまで船で移動。ちなみに「ワット」とはお寺のこと。

 

 

トゥクトゥクにも乗ってみました。

 

ホテルでアフタヌーンティーを。

 

ディープな感じの屋台。冷房もなく、暑い!

 

マンゴー・タンゴでマンゴーを。やっぱりおいしいですね!

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

雨季だったから、1日1回スコールが降りました。かなり激しいけど、1〜2時間で止みます。

 

タイスキも食べました。

 

ほぼ日本のお鍋のような感じ。

iPhoneImage.png

 

市内の移動は電車で。「スマホを見ずに顔を上げましょう」なんて注意書きがあるくらい、電車の中ではみんなスマホを見ています。このあたりは日本と同じですね。

 

世界遺産や独特の仏教文化を見てみたくて、今回タイに行きました。タイの仏教文化はなんだか明るい感じでした。金ピカで極彩色だし、とにかくおおらか。ハッピーな気持ちになれる空気がそこにはありました。王族が続いている国ということもあり、王への敬意が払われていましたね。バンコクは都会で、街には東京並みのショッピングセンターがいっぱい。国際都市ということもあり、非常にインターナショナルです。ただ、全体的に昔の日本を見ている感じで、そこら中で工事をしていて空気は汚いし、交通マナーは悪い。道端でいろんな商売はやっているし、日本からの観光客は格好のカモ。ルーシーダットンをやりにいったお寺の前でも「今日はブッダの日だから、やっていないよ」と騙されかけましたし、トゥクトゥクは少し値切ったらなんと行き先の1つ前の駅で降ろされていました(気づかないという(笑))。そういう少々ハードな体験もしましたが、物価が安く、マッサージも低価格で非常に丁寧。接客も親切で、さすが「微笑みの国」という感じではありました。

 

日頃の疲れを癒やす、という感じの旅行ではなかったけど、見聞が広がったかな。でも、ミネラルウォーターを持ち歩き、カバンは首から下げて前に持つ、なんていう緊張感から開放された帰国時にはなんだかホッとしました。こういう国はツアーガイドさんと回るのが楽かもしれませんね。非日常体験がたっぷりできた4泊6日の旅でした。

tomokoさん、こんにちは〜。お久しぶりです。^^

タイにされたんですね〜。食べ物がおいしそうです。ツアーやガイド付きじゃなくて、個人でまわられたんですか?個人旅行だと非日常感は格別だったんじゃないでしょうか。

最近ようやく気持ちの良いお天気続きでうれしいですね。気付いたら冬だった、とならないように秋を楽しみたいです。

季節の変わり目、あったかくしてご自愛くださいね〜。
めぐり | 2017/11/03 16:22
めぐりさん、こんにちは〜(^^)

タイは、アユタヤのみガイドしてもらって、他は自力で回りました。非日常感、あったようななかったような。正直ダンナと一緒だとそれほど非日常感もなく(笑)

ほんと、やっといい天気になりましたね。いつも家で翻訳やっていて辛くなります。外に出かけたいなあって。

めぐりさんも秋を楽しんでね!またぜひお会いしましょう(^^)
tomoko | 2017/11/03 17:24
はーい!お土産話、ぜひ聞かせてくださいね〜&#9693;( &#8226;&#3056;&#8226; )&#9692;
めぐり | 2017/11/03 23:57
COMMENT









Trackback URL
http://blogathome.jugem.jp/trackback/1105
TRACKBACK